2017年7月23日日曜日

7月16日 バーバスカムの仲間(ビロウドモウズイカ?)

ヨーロッパ原産、ゴマノハグサ科モウズイカ属の多年草です。

園芸用に持ち込まれたものが、あちこちで帰化しています。草丈が2メートル以上になる雄大な植物で、真っ白な毛に覆われた厚ぼったい葉も特徴的です。
暑さには弱いとのことですが、横浜では平気で越夏しているような気がします…。




2017年7月22日土曜日

7月16日 斜光を利用して撮る

普通に昼間に撮っていると、なかなか可愛らしく撮れなかったり、美しく撮れなかったりする花があります。

私にとっては、ヒメジオンやハルジオン、ヤブカンゾウなどがそんな花です。
そんな時は早朝など太陽の角度が低く、斜光や逆光を利用しやすい時間帯に撮ると良いかもしれません。

バックのボケなどに留意して、一輪を浮き上がらせてあげると、意外にロマンチックに撮れたりします(笑)


バックがゴチャゴチャしやすいヤブカンゾウも…



この通り!



ハルジオンもこんな感じに!



2017年7月21日金曜日

7月16日 コオニユリ

ユリ科ユリ属の球根植物
日本では全土の山地などに自生します。

最近いたるところで個体数を増やしているオニユリとそっくりですが、むかご(珠芽)を生じないのがコオニユリです。
今回の株は藪の中で近づけなかったのですが、花が小柄に感じたことと、遠目には珠芽が見当たらなかったのでコオニユリと判断しました。





2017年7月19日水曜日

7月16日 ヤブミョウガ

ツユクサ科ヤブミョウガ属の多年草
日本では関東以西の少々日陰で湿っぽい林縁などに自生します。

横浜市栄区でもこの時期には目立つ植物です。大柄な草姿とすっきりとした白い花は薄暗い林縁で良く目立ちます。花後の青い実も、なんだかメタリックな感じで美しいものです。

ちなみに、ミョウガとは縁もゆかりもない植物ですが、新芽は茹でたり炒めたりして食用にすることもあるようですね。






2017年7月18日火曜日

7月16日 前ボケと後ろボケ

ボケといっても植物のことではありません。
写真を撮るときのピントの合っていない部分をさして「ボケ」と言ったりします。
ピントが合っているところより前にあるボケを「前ボケ」、後ろ側にあるものを「後ろボケ」と呼びます。

植物写真では、どこにピントを合わせるかと同時に、このボケを意識すると色々と面白い演出ができます。

今回は手前に薄紫色のナツノタムラソウ、そのずっと後ろ側にオレンジ色のクロコスミアがあったのですが、望遠レンズでそれぞれにピントを合わせた写真を撮ってみました。

手持ちで撮っているので、微妙にアングルが変わっていますが、植物との距離は変わっていません。


手前のナツノタムラソウにピントを合わせました



奥のクロコスミアにピントを合わせました

2017年7月17日月曜日

7月16日 コマツヨイグサ

先日アップしたコマツヨイグサ

花がしぼむときに色が赤っぽくなるのが特徴の一つですが、16日に確認したところ、やはり赤っぽくなっていました。
どうやら、コマツヨイグサで間違いなさそうです。

植物を見分けるときには、違うステージで観察することも大事ですね。






2017年7月16日日曜日

7月9日 コマツヨイグサ

アカバナ科マツヨイグサ属の越年~多年草。
北アメリカ原産の帰化植物です。
この仲間も見分けがしづらいのですが、草丈や浅く切れ込みが入る葉などからコマツヨイグサと思われます。
花が終わると、赤くなってしぼむのも特徴なので、そのうちに確認してみます。